FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

おすすめ書籍

先日ゆとり炉の木にもお客様から頂きました、

『コンビニ人間』



第155回芥川賞受賞作!

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、 変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、 清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、 毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、 完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、 私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。
ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、 そんなコンビニ的生き方は 「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

「普通」とは何か?を問いかける作品です。

とブック紹介を参照しましたが、

私はこの本の主人公の考え方に共感しました。

周りの人間が自分を作っていく

どんな人間がそばにいるか、どんな所で働いているか、住んでいるか。

逆に自分が与える影響までしっかり考えながら過ごしていきたいと思いました。

長々と書きましたが、

おすすめです(o^^o)
スポンサーサイト

| 日常 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。